箱文字、切文字、腐蝕看板、案内サイン、LEDサイン等メタルサインの総合メーカーのオオサカネーム。金属の材質、手入れ方法を掲載します。

金属について

金属の種類

ステンレス

ステンレス鋼とは鉄に少なくとも10.5%以上のクロムを含有した合金鋼の総称です。
鉄の最大の弱点である「さび」を防止するように改良されており、耐食性・耐久性・意匠性・耐火性・低温特性・加工性などで非常に優れた特性を備えています。

  1. 熱伝導は少なく、磁石性は430にありますが、304、316にはありません。
  2. 接合は溶接、半田、ビス止めができます。


ポイント

ステンレスは錆びない材料ではありません。特に塩には弱く海岸近くや積雪地に散布される結露防止剤には塩化ナトリウムを多く含みますので錆が発生しやすいです。
商品の設置場所に応じて錆を防ぐためにはコストは上がりますが耐食性にすぐれた316をおすすめします。

真鍮

別名黄銅といい、銅と亜鉛の合金です。
真鍮の半田接合は可能ですが、接合力が弱く大きな商品には適しません。必ず表面にはクリア塗装をして表面の変色を防ぎます。しかし、酸化する速度がかなり早いので設置場所の条件によっては短時間で黒く変色する恐れがあります。


赤色の貴金属で延性に富み、加工が容易です。真鍮同様、必ず表面にはクリア塗装を行い表面の変色を防ぎますが、酸化して黒く変色する恐れが高く、屋外では早い時期から変色が始まります。


金属の仕上

  

ステンレスの仕上げ

HL仕上
一般的にステンレス仕上げでは一番多い仕上方法です。髪の線=ヘアーラインと呼ばれています。

ミガキ仕上
弊社では番手が#400のものをミガキ、#600以上のものを鏡面といっています。番手とは金属を研磨する際の布の目の細かさを表記しており数字が高いもの程光沢がでて鏡に近くなります。#400のミガキはバフの目がありますが#800の鏡面ではありません。

ブラスト仕上
ブラスト仕上にはビーズブラストとサンドブラストがあります。ビーズブラストは極小のガラスビーズを空気圧で材料に打ち付け、表面に凹凸をつけたもので効果はツヤ消し、指紋がつきにくい、表面の汚れを落としたりもします。仕上状態はスリガラスに例えられます。サンドブラストはビーズブラストに比べて凹凸が粗くなっております。

ランダムHL
ランダムHLには名前がたくさんあり、パーマネントHL、バイブレーションHL、3S仕上などがあります。HLのラインが無方向に向かっているのが特徴です。

塗装
弊社ではお客様の様々なご要望にお応えできますよう、いろいろな塗装が可能です。
ラッカー塗装/アクリル樹脂塗装/ウレタン樹脂塗装/フッ素塗装/チヂミ塗装/カラークリア―塗装/粉体塗装等。
通常は腐蝕の凹部分のみラッカー塗装にて対応し、その他は全てアクリル樹脂塗装を施しています。

メッキ
材料の表面に金属の薄膜を被覆した表面処理です。
弊社では金メッキ(本金メッキ)/真鍮メッキ(代金メッキ)/ブロンズメッキ(銅メッキ)/クロームメッキ等の加工ができます。

チタンゴールド
真空状態の中でイオン化した金属をメッキさせるイオンプレーティング方式によりチタンを金属の表面に付着させたゴールド色の仕上方法です。耐候性・耐久性・耐摩耗性に優れています。

  

真鍮の仕上げ

HL仕上
真鍮はステンレスと違って研磨された材料はありません。仕上がされていない材料を加工完了後のHL等の研磨加工をし錆を防ぐためにクリア―塗装します。

ミガキ仕上
真鍮に磨き研磨した仕上です。真鍮は黄銅色のため、鏡面はなくミガキといわれています。

ランダムHL
ステンレスと同様に、パーマネントHL、バイブレーションHL、3S仕上等があります。HLのラインが無方向に向かっているのが特徴です。

硫化いぶし
古美色ともいわれています。イオウの成分の薬剤をかけることによって、硫化され変色します。液をかけた状態では真っ黒ですが、スコッチで削りながら下地の金色をひきだしBS-9、10、12と色の調整をすることができます。

銅の仕上げ

HL仕上
ステンレスと同様に、髪の線=ヘアーラインが直線的に施されたものです。

ミガキ仕上
銅の場合、基本的に赤色のため、鏡面はなくミガキになります。

ランダムHL
ステンレスと同様に、パーマネントHL、バイブレーションHL、3S仕上等があります。HLのラインが無方向に向かっているのが特徴です。

ブロンズ仕上
イオウ成分の薬剤をかけることで、ブロンズ化され変色します。
液をかけた状態では真っ黒ですが、スコッチで削りながら下地の銅色をひきだしCU-9、95、10、11の色出しの調節をします。

金属製品のお手入れ方法

切文字

やわらかな布でまず、チリや砂麈を落とした後に水道水や薄めた中性洗剤を布に含ませなでる様に軽く表面を拭いて下さい。その後同じ要領でカラ拭きにて水分をとって頂くようにお願いします。塗装を施した商品(銅、真鍮及びメッキ製品類の透明クリアも含む)は特に塗膜に傷が付かないように慎重にお願い致します。
また、浮かして取付けてある場合や書体等により、状況によっては非常に鋭利な部分がございます。お手入れの際は怪我をされないよう手袋を着用し商品に強い力を加えずに作業を行って下さい。

重要
  • 金属研磨材(コンパウンド含む)は使用しないでください。
  • アルカリ性、酸性の洗剤は使用しないでください。
  • ナイロンたわし、金属たわしは使用しないで下さい。
  • ラッカーシンナー、有機溶剤や可塑剤が入った溶剤は使用しないで下さい。
  • 塗装面(銅、真鍮及びメッキ製品類の透明クリアも含む)にテープ類は貼らないで下さい。

銅及び真鍮製品の表面処理について

錆を防止するクリア塗装

銅、真鍮の製品は酸化による変色を必ずおこす商品です。
銅、真鍮は表面研磨処理後又は腐食処理後数時間で酸化による変色がおこりはじめます。このため短時間で変色がおこる事を防ぐ目的で表面に透明クリアー塗装によるクリアコートを施しています。屋内ではこの処理により変色はかなり軽減されますが、屋外では取付場所によっては処理の有無にかかわらず短期間で変色を起こす場合があります。

錆の発生には早期対処を

スーパークリーナー万能Jrくん
頑固な汚れから錆までキレイに落とします
経済的な固形タイプ
手にも環境にもやさしい植物性

研磨剤不使用で表面を傷つけることなく汚れを落とします。
固形なので電気製品など水気を嫌うものにも安心してご使用になれます。成分はph7で手にも環境にもやさしい植物性のクリーナーです。